リノール酸って何?

 リノール酸は、n−6系列の多価不飽和脂肪酸で、人体内で合成することができない必須脂肪酸であり
 食品から必ず、摂取しなければなりません。 リノール酸は、コレステロール値を下げる作用があり、
 成人病の予防や治療に用いられるようになりましたが、摂取しすぎると善玉コレステロールまで減らして
 しまうため、病状を進めてしまうこともあります。 また、酸化されやすく、がんの原因となる過酸化脂質
 増やしてしまいます。 過剰症として、免疫力を抑制し、病気に対する抵抗力を弱めてしまう危険性も
 あります。 α−リノレン酸、EPA、DHAなどの脂肪酸とバランスよく摂取することが重要です。

●リノール酸●
含まれる主な食品

  サフラワー油(紅花)、ひまわり油、綿実油、大豆油、コーン油、ごま油、くるみ、落花生油、
  米ぬか油 など

こういう人に効果的

   肉、加工食品、バターなどを多食する人

不足すると

  皮膚炎、成長が遅れる、肝臓障害、胃腸障害、感染症にかかりやすい など

α−リノレン酸って何?

 この脂肪酸は、n−3系列の多価不飽和脂肪酸で、体内で合成することができないため、食品から
 摂取しなければならない必須脂肪酸です。 体内に取り入られるとEPA、DHAへと代謝されます。
 n−6系列の脂肪酸から作られるプロスタグランジンホルモンの一種)と、n−3系列の脂肪酸から
 作られるプロスタグランジンは、体内の作用をお互いに抑制し合う場合が多いとされており、アトピー性
 皮膚炎は、リノール酸の過剰摂取により発症する病状の一つですが、これらのアレルギー症状を
 解消する最も効果的な方法は、α−リノレン酸を摂取することです。 リノール酸などの脂肪酸を摂取
 する時は、必ずα−リノレン酸も一緒に摂取するのが望ましいと言えます。 α−リノレン酸には、
 がん細胞の増殖抑制、血圧の低下、血液の流れを良くするなどの作用があります。

●α−リノレン酸●
含まれる主な食品

  しそ油、えごま油、あまに油、菜種油、ひまわり油、サラダ油 など

こういう人に効果的

   アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状のある人
   肉・加工食品・バターなどから飽和脂肪酸をとることが多い人

不足すると

  脳・神経系に異常が起こる、アレルギー性症状、がん抑制作用が弱まる など

どっちも薬ではない!

 リノール酸は「コレステロールを減らし、動脈硬化を予防する」と言われています。 しかし、リノール酸を
 多量に摂取した結果、肥満、アレルギー、血栓などの病状が発症するケースが多くなり、リノール酸の
 信頼性が低下してきました。 確かに効果はそうなのですが、薬ではないので、過剰が問題なのです。
 これらを解消するには、α−リノレン酸の多い油に変えていくのが有効だとされていますが、これも薬では
 ありませんので、過剰摂取は問題です。 何を摂取するにしてもいろんな食品をバランスよく食べるのが
 一番良いのです。

EPAって何?

 EPAは、α−リノレン酸を体内で代謝されることでできます。 また、主な食品としては、脂肪の多い魚で
 あっさりした白身魚より、いわしやさばなど、まぐろの刺身なら赤身よりとろの方が効果的です。 また、
 調理方としては、刺身、煮魚が良く、揚げ物は脂肪分が出てしまうので、好ましくありません。 EPAには
 血管を拡張する作用があることがわかっています。 更に、血液がスムーズに流れるようにし、動脈硬化
 心筋梗塞、脳卒中、高血圧といった成人病を予防します。 また、アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支
 ぜんそくなどのアレルギー症状の予防と治療、慢性関節炎などの炎症性疾患の病状にも効果があると
 されています。 過剰症としては、血液が凝固しにくくなり、出血が止まりにくくなることがありますので
 ほどほどに。

●EPA(エイコサペンタエン酸)●
含まれる主な食品

  すじこ、はまち(養殖)、きんき、まいわし、ほんまぐろ(トロ)、さば、まだい(養殖)、ぶり、
  身欠きにしん など

こういう人に効果的

   血圧・血中コレステロール・中性脂肪などが高い人
   アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状のある人
   炎症性疾患のある人
   肉や加工品を多く食する人

不足すると

  動脈硬化、循環器系の疾患、高血圧、高脂血症、悪玉コレステロールの増加、アレルギーの発症、
  腫瘍の抵抗力低下 など

DHAって何?

 この名前、最近特によく耳にすると思いますが、このDHAを取ると、頭が良くなるということが頻繁に
 言われています。 DHAは、α−リノレン酸を摂取することにより、体内でEPAを経て合成されますが、
 神経組織に非常に多く含まれており、脳や神経組織の発育や機能維持に重要な役割を果たして
 います。 また、コレステロールの悪玉を減らし、善玉を増やす作用があるほか、現代人の様々な病状、
 病気を予防、改善する機能があります。 このDHAが不足すると情報伝達がうまくいかなくなり、学習
 能力や記憶能力に影響を与えてしまいます。 日本の子どもは欧米の子どもより知能指数が高いと
 言われていますが、その理由は、欧米よりも魚を多く食べているからです。 しかし、現在では魚より肉を
 食べることが多くなってきているため、魚からのDHAやEPAの摂取が減っており、健康のためには肉、
 魚、野菜をバランスよく摂取する必要があるでしょう。

●DHA(ドコサヘキサエン酸)●
含まれる主な食品

  ほんまぐろ(トロ)、すじこ、まだい(養殖)、ぶり、さば、はまち(養殖)、はも、うなぎ蒲焼、きんき、
  さんま、さわら、まいわし、 など

こういう人に効果的

   血圧・血中コレステロール・中性脂肪などが高い人
   痴呆症を予防したい人
   炎症性疾患のある人
   肉や加工品を多く食する人
   がんを予防したい人

不足すると

  記憶力・学習能力の低下、血栓ができやすい、高血圧、中性脂肪の増加、コレステロールの増加、
  炎症を起こしやすい など

 Copyright (C) 2001 Shiroyama Yakuhin Allrights reserved.