緑内障について

 早期発見の為の自己チェック
白内障について
 他の病気により発症の場合があります
 タイプ別の治療法
 治療法について

 
緑内障は、40歳以上の30人に1人の割合で発症の危険がある、とても身近な病気。その上、中途失明原因では第2位という恐ろしい病気です!
正常な視野 緑内障早期〜初期
緑内障中期 緑内障末期
 正常な房水の流れ
眼球が丸い形を保てるのは、毛様体で作られる「房水」のお陰です。この房水は栄養素の供給とともに老廃物を排出する役目をしていて、役目が終ると「シュレム管」から静脈へ排出されるます。
 閉塞隅角緑内障(急性)
房水が排出されず、眼圧が急激に上がります。
急性の緑内障は房水の排出口である「シュレム管」が詰まって起こります。原因は様々ですが、閉塞隅角緑内障は、房水によって隅角が押され塞がってしまい、シュレム管から房水が排出されなくなる為に、前房内の眼圧が急上昇する為起こります。結果、眼の激痛と頭痛が起こります。
発作的に眼に激しい痛みや吐き気・頭痛が起こります。発作が起こる前に前ぶれ症状が現れますので、注意が必要です。

   眼が重たく感じる
   眼がかすむ
   光の周囲にカサがかぶっていたり、虹の様な物
     が見える。

  この様な前触れがあった場合は、すぐ眼科を受診し
  ましょう。
 開放隅角緑内障(慢性)
房水が排出されにくく、次第に眼圧が上がります。
慢性緑内障である開放隅角緑内障は、隅角はその名の通りふさがっていないのですが、隅角の手前にありフィルターの役目をしている「線維柱帯」が目詰まりを起こして、房水が排出されにくくなり、じわじわと眼圧が上がります。この慢性緑内障が中高年で1番多い緑内障です。急激な発症はありませんが、眼圧が高いと言われた方は、視野の欠けに注意しましょう。
 正常眼圧緑内障
眼圧が正常でも、発症する油断の出来ない緑内障です。
最近増えている正常眼圧緑内障は、正常な眼圧であっても、眼球の構造の弱さや視神経に栄養を送る毛細血管の血行不良、視神経そのものが弱いなどの理由は推測されているものの、発症のメカニズムがまだ解明されていない恐い緑内障です。中高年にとっては油断の出来ない眼の病気と言えます。普段から自己チェックを行って早期発見に心がけましょう。
どこでも出来る自己チェックです。普段から意識して自己チェックを行い、緑内障の早期発見を心がけましょう。

片側の眼を閉じて、開いている方の眼の前に指をたてます。もう片方の指を動かして、指の動きが見えるかをチェックします。正常な場合、鼻側60度、耳側90度ぐらいまで見えるはずです。

  とくに鼻側の欠けに注意してチェックしま
    しょう。
  必ず片目ずつ行いましょう。
その他、テレビの未設定チャンネルのノイズ画面(いわゆる
   砂嵐)を使うと分かりやすいです。画面中央に目印をつけ
   て、目印を片目ずつ、交互に3秒ほど見つめます。ノイズ
   の見え方に欠けや、見え方のおかしい所をチェックします。
   これも片目ずつ行いましょう。
 閉塞隅角緑内障(急性)
急性緑内障は発作が起こってから24時間以内に適切な処置を受ける事が第一ポイントです。治療が遅れれば遅れるほど、失明の危険が増し、その後の眼の状態も悪化します。
夜間や休日であっても、急性緑内障の発作と思われる症状が現れたら、ためらわず、病院に行ってください。
治療法
急性緑内障の場合、発作が起きたら 病院へ直行 眼薬や点滴で眼圧を下げます。(発作の発症から時間が短いほど薬がよく効きます) 薬の効果があまり無い場合、レーザーでの治療に切り替えます(薬で効果があっても根本治療にはレーザー治療を行います) レーザー治療では、長期の効果が期待できないようです。1〜2年程度で効果がなくなる可能性もあります。その場合、 線維柱帯を切除し、房水が本来の排出経路ではなく、結膜の下を通って排出される様、手術を行います。
 開放隅角緑内障(慢性)
中高年に多い慢性緑内障は、眼圧のコントロールが重要。自覚症状はあまりありませんが、ゆっくり確実に進行する為、生涯治療を続ける必要があります。薬での眼圧コントロールと同時に定期的に病院でのチェックを欠かさないようにしましょう。
治療法
慢性緑内障でも、薬を使って眼圧を正常値まで下げ、病気の進行を抑えますが 薬の効果があまり無い場合、レーザーでの治療に切り替えます(薬で効果があっても根本治療にはレーザー治療を行います) レーザー治療では、長期の効果が期待できないようです。1〜2年程度で効果がなくなる可能性もあります。その場合 線維柱帯を切除し、房水が本来の排出経路ではなく、結膜の下を通って排出される様、手術を行います。
 正常眼圧緑内障
眼圧が正常であっても、その圧力に視神経が耐えられないという事が原因で緑内障が発症しているという考えで、慢性と同じく正常眼圧緑内障でも、治療に眼圧を下げる薬を用います。その他に血液の循環や視神経の働きを高める為の血行促進剤やビタミン剤などを併用する場合があります。
また、発作を防ぐ為の自己管理として以下の事に注意が必要です。
  極度の興奮やイライラ、ストレスを貯めない。
  暗いところで長時間の眼の酷使や、うつむいたままの姿勢を続けるのも
    眼圧が上がる原因になるので、良くありません。
  カフェインを摂り過ぎない。特にコーヒー、紅茶、緑茶の飲みすぎに注意
    して下さい。
  病院で用いる検査薬の中には急性発作をまねく物があります。病院で検
    査を受ける時には、必ず緑内障である事を告知してください。


 
白内障はお年寄りの病気ではありません!
お年寄りの病気と思われがちな白内障ですが、40歳代から徐々に水晶体のにごりは始まります。早い人では、50歳代でかすみ目の症状が現れてきます。60〜70歳代ではさらに症状が出ている人が増えてきます。
症状に気が付いたら早めの治療を!
白内障が出始める頃は老眼と重なりますので、物がみえづらくなると老眼と思い込んでしまいがちです。以下のような症状に気が付いたら検査を受けられる
事をお薦めします。
  光がやたらとまぶしく感じる
  文字がボケて見える
  視力が低下する
  夜道や夕方、物が見えにくくなる
  まぶしさの為に薄暗い方が物が見えやすくなる
濁る部分によって3つの白内障に分けられます。
正常な水晶体
水晶体は透明な凸レンズの形をした器官です。水晶体の内部は前嚢、後嚢という袋につまったゼリー状の皮質や核から出来ています。
皮質白内障
水晶体の周辺部分が濁る白内障は、老化によるものが多く、初期の症状が現れず、気が付きにくいです。アトピー性皮膚炎やぶどう膜炎の合併症でも起こります。
核白内障
水晶体の中心部分にある核が濁ってきます。中心が濁る事によって屈折率が変わり、老眼の人の眼が見えやすくなる事があり、老眼が治ったと錯覚する事があります。他の症状としては二重三重に物が見えたりします。
後嚢下白内障
水晶体の後の部分が濁り、初期段階から眼のかすみやぼやけなどの症状が出ます。糖尿病の合併症として発症する事もあります。
糖尿病の方
糖尿病を発症し、高血糖が続くと水晶体が濁るスピードが速く、白内障が進みやすい。糖尿病性網膜症にならない為にも早めにの白内障手術を受ける事になる場合が多い様です。
アトピー性皮膚炎の方
アトピー性皮膚炎は湿疹性の病気です。重症の方の約3割にあたる方に何らかの合併症が目に起こります。そのうちの約1割が白内障なのですが、未だ原因ははっきりしません。1番有力な説としては、かゆみにガマンできずまぶたを強く掻いてしまったり、叩いてしまうなどの「外傷説」です。発症する時期がまだ幼年の場合、皮膚科の先生に掻かない様に言われると、つい強く叩いてしまいます。こうした事が何年も続くと水晶体が濁ってくるのです。その他、ステロイド内服薬の副作用ではないかという説もあります。
他の眼病がある方
他の眼病によって、水晶体が濁りやすく、濁りが促進されやすくなる為、白内障を合併します。

眼がかすむ、視界がぼやける、まぶしいなど、白内障の症状が現れたら、 病院で検査を受けましょう。 白内障は薬では治りません。進行を遅らせる飲み薬や目薬を使います。 生活に不便を感じる程進行してしまったら、 手術を考えます。
手術のタイミング
細かい字などが見づらく、仕事に支障がある。
屋外に出ると、まぶしい。
視力が、0.7以下に下がった。
など、生活に不便を感じた時が手術のタイミングと考えられています。
白内障手術は、糖尿病・糖尿病網膜症・緑内
障・ぶどう膜炎などを発症している方は受ける事が出来なかったり、慎重に検討しなければならない場合があります。
ライフスタイルにあわせたピント合わせ
眼内レンズを入れると、ピントがひとつの距離に固定されます。それ以外の部分を見るときには、メガネやコンタクトレンズによる矯正が必要になります。 普段、どの距離を見ることが多いのか、ご自分のライフスタイルに合った手術を受ける為に医師とよく相談する必要があります。
仕事で手元を見る事が多く、遠くはメガネを使う。
遠くがよく見えるようにし、手元は老眼鏡を使う。
テレビなどの中距離にピントを合わせ、その他はメガネを使う。
手術といえば、とても恐いイメージがあります。何と言っても、ゴミが入っただけで眼ってかなり痛いものですから。白内障の手術は、10分〜30分で終わり、日帰りできるので、手術内容としては重大な事ですが、短い時間で気軽にできるものの様です。手術を受ける前に、担当の医師とよく話し合い、安心して手術に臨みたいものですね。
術後、注意する点
術後30分間は安静に。
術後2日で徐々に視力回復。首から下のシャワーはOKですが、入浴は
   NG。洗髪、洗顔も術後2週間ぐらいまで出来ません。
スポーツは医師と相談してから。術後1ヶ月が目安。
1ヶ月を過ぎる頃にならないと、傷口は治りません。眼をこするのは禁物
   です。処方された感染予防の目薬を欠かさず使用しましょう。
術後3ヶ月で視力がほぼ回復。安定してきたら、メガネを作るタイミング
   です。
一番恐いのは、感染による眼内炎。術後、数日〜数ヶ月ぐらいで起こる事があります。激しい眼の痛みや、充血などの症状が現れた場合は、すぐ受診してください。ひどい場合には、失明する場合があります。必ず処方された感染予防の目薬を使い、眼をこすらないよう注意しましょう。